Home

綺麗になりたい僕

性同一性障害に対する医療環境は乏しい

性同一性障害の認知度は年々上がってきてはいますが、なかなか病気として理解されることも難しく、医療環境はまだまだ十分だとは言えません。専門知識のある医師もまだまだ不足しているので、身近にそういった医療施設や医師がいないと、なかなか治療に踏み切るのに自身が持てなかったり、我慢することで抑えようと無理をしてしまうひともいると思います。性同一性障害は、なるべく早く自身を理解してくれる、何でも相談出来るような医師に出会うことが重要になってきます。周りにも打ち明け、自分らしく生きて行く方法を見つけられる人もいれば、ずっと打ち明けられずに性同一性障害に苦しめられながら人生を過ごしている人もいます。何よりも病気を理解し、医療環境が整うと、そういった悩みに苦しむ人を救うことが出来ます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top