Home

綺麗になりたい僕

男性の女性化でおこるホルモンの変化

男性が女性になりたいと心から思ったり、自分は女性なんだと強く思い込むことで、男性は内面だけでなく見た目にも女性化することがあります。それは、男性らしさを保っているテストステロンという男性ホルモンの分泌が減ることで、元々わずかに分泌されていた女性ホルモンが優位になることで起こります。本来なら男性ホルモンが多く分泌されるところが、分泌されないことでホルモンのバランスが少しずつ変化していってしまいます。そこへ自ら女性ホルモンを増やすようなホルモン剤などを使用することで、女性のように胸が膨らんだり、声が高くなったり、女性らしい体つきになっていきます。それだけ人の身体というものは、ホルモンの分泌のバランスによって女性らしさであったり、男性らしさというものを保っているのです。

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top