Home

綺麗になりたい僕

性同一性障害に悩む小学生と学校の対応

性同一性障害に悩む人は、思春期の人だけでなく、小学生の頃から悩みを抱え始める人も多くなってきています。そんな時に、家庭や学校での教育や対応が、その悩んでいる小学生の人生を左右する可能性が多いにあります。自分の性に違和感を感じ、誰にも言えずに悩んだり、苦しんだりしたあげくに、引きこもりや自虐行為を行ってしまうといったケースもあるので、性同一性障害という障害を理解し、受け入れる環境を周りが作っていくことがとても重要なことなのです。そのための教育をちゃんとしていかなければならないのですが、なかなか未だに教える側も戸惑ってしまうことが多いようです。性同一性障害という難しい障害への理解が、性同一性障害者本人の精神的負担を軽減してあげられる方法のひとつでもあります。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top